JUN Company Information

Message

世の中を動かすのはカルチャーの力

JUNは、「社会とどのように関わっていくか」「社会にどんなカルチャーを提案するか」という生活哲学、いわば「ソーシャルスタイル」を企業理念としています。社会の文化成熟度の向上が、市場全体の反映に繋がると考えます。

私たちは思うのです。ファッション産業に元気がなくなってしまったのは、「商品を通じてよきカルチャーを創る」という一番大事なことをなおざりにしているからではないかと。現在のファッション産業は、「ビジネス」という鎖に繋がれた飛べない鳥なのではないかと。

「経済は文化のしもべ」という言葉に、私は強く共感しています。経済は動力を持たない帆船のようなものです。経済だけを追いかけても、文化という風が吹かなければ経済は動かないと考えています。 これまでの歴史を振り返っても、社会を動かしていくのはカルチャーの力、人が日々の営みを豊かにするのも文化=カルチャーなのです。私たちの考える「カルチャー」とは、文学、美術、音楽、映画、建築などのことだけではありません。カルチャーとは、もともと「耕す」という意味のラテン語に由来する言葉。生きていく知恵やマナー、その国特有の伝統的な習慣も含めて「カルチャー」と定義しています。人間の生活を豊かにする文化があってこそ、経済も発展するのです。

新たに挑戦するとき、私たちは自分自身に課していることがあります。それは、理性より情熱。 ビジネス的な成功だけを目論んで事業を行うのではなく、「この仕事は、世の中が、お客さまが喜んでくれるかどうか」、「自分自身が信じることかどうか」という情熱を大切にする。理性的な判断はそのあとでいい。そして、歴史や伝統に敬意を払いながら、時代に合った革新を積み重ねることによって絶えず自己変革する。自らを耕すことが世の中を耕すカルチャーとなって結実していく。豊かな人生はカルチャーで創られている。私たちはそう信じています。

世界をおもしろくするのは、あなただ

1958年の創業以来、JUNは服にとどまらず、食、音楽、アート、スポーツといった多岐にわたるカルチャーを提案してきました。
1970年代に東京・原宿のセントラルアパートで運営していたカフェレストランや、向かいにあった「CAFÉ DE ROPÉ(カフェ ド ロペ)」(現「MONTOAK(モントーク)」は、各分野のオピニオンリーダーたちの集うサロン的な存在でした。70年代終わりには、山梨にワイナリー「CHATEAU JUN(シャトージュン)」を設立。日本のワイン文化の発展にも寄与してきました。

スポーツの分野では、栃木県・那須の「JUN CLASSIC COUNTRY CLUB(ジュンクラシックカントリークラブ)」を始め、80年代には原宿でエアロビクス教室をオープンするなど、日本のスポーツ文化にも大きなムーブメントを起こしました。スポーツというカルチャーを通じて、社会で活躍する女性をサポートしたい、その思いは2015年秋から始まったナイキとの共同プロジェクト「NERGY(ナージー)」にも受け継がれています。

また、「ADAM ET ROPÉ(アダム エ ロペ)」の新レーベル「ILK ADAM ET ROPÉ(イルク・アダム エ ロペ)」では、性別を感じさせない「ジェンダーレス」という考えを、更に先に進めた「ノージェンダー」を提案、男でも女でもない、新たな種族をイメージした服を発表し、従来の女らしさ、男らしさを超越したカルチャーの提案が、予想以上に受け入れられつつあります。私たちは、常に時代の変化、社会の変化を捉えて、新たな提案をし続けていきます。

ファッションを通じて、人々のパーソナルライフをよくしていく、その集積である社会、ソーシャルライフをよくしていく。人生を、世界を、どこかの誰かではなく、自分がおもしろくするんだ。そう考えるみなさんと一緒に、新しいカルチャーを、もっとワクワクする世の中を、創っていきたいと考えています。

株式会社ジュン 代表取締役社長 Message

ABOUT THIS SITE | PRIVACY POLICY | MOBILE SITE | CUSTOMER CENTER | © JUN CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED